ブログトップ

補身湯〔ポシンタン〕にしないで!

マシューと共同で使うベッド

 何日か前、ベッドのシーツを換えた。
 私が換えたのではなく、お母さんが換えたのである。ベッドのシーツがどうだって私はかまわないのだが、お母さんはシーツを換えて部屋がきれいに見えるのを望んでいた。

 お母さんはマシューと一緒に寝るなとよく言う。毛が抜けるし汚いという理由からである。それでマシューは怖くて行きたくない犬の美容室へ行って毛を刈らなければならない。毛が長いほうがずっと可愛いのに……。

 マシューは私にとって睡眠剤のようだ。
 始めは無理やりに私のそばで寝かせたこともあったが、今はマシューがひとりで先に寝ていても、私が寝ようと横になると、すぐ起きてあがって私のそばに来て私の腕を枕にして寝る。
 
 マシューは温かくて気持ちよく、お陰で私もすぐ寝入ってしまう。だからオッパもマシューと一緒に寝て欲しい。オッパの不眠症が治るかもしれない。

 マシューは規則的な生活をしている。寝る時間は夜12時から1時頃で、朝7時頃には起きてドアを開けてくれとドアを引っ掻く。私がその音を聞いてドアを開けてあげると、自分のトイレへ行ってシッコをして、その後ウンチをする。

 そしてまた寝ている私のところへ来て、行ったりきたりするのだが、それは結局私に起きろというメッセージだ。

 下の写真はマシューの起床時間の7時前に、私が出かけようとしたら寝ぼけたまま私を見ているマシュー君。

몇일 전에 침대 카바를 바꾸었다.
내가 바꾼 것이 아니라 엄마가 바꾼 것이었다. 침대 카바가 지저분하든 어떻든 난 상관없는데, 엄마는 새로운 것으로 바꿔서 깨끗하게 보였으면 했다.
엄마는 내가 마슈와 같이 자는 것에 대해 불만이 많다.
털도 빠지는 등 지저분하다는 이유에서이다. 이런 이유에서 마슈는 항상 가기 싫어하는 애견미용실에 가서 털을 깎아야 했다. 털이 긴편이 예쁜데...

마슈는 수면제이다.
처음에 같이 잘 때에는 조금 억지로 내 팔쪽에 머리를 배고 자게 했는데, 이제는 스스로 다가와서 팔을 베고 잔다. 마슈의 따뜻한 온기 때문에 잠이 스르르 오는데, 이럴 때는 불면증이 있는 오빠가 생각나곤 한다. 마슈와 같이 자면 불면증도 좀 괜찮아지지 않을까 하는 생각에.

마슈는 생활이 규칙적이라서, 침대위에서 조용히 자다가 아침 7시정도가 되면 일어나서 문을 열어달라고 문을 긁는다. 내가 그 긁는 소리를 듣고 문을 열어주면 강아지 화장실에 가서 오줌을 싸고, 그다음에 똥을 싼다.
그 이후부터는 다시 자고있는 나에게 와서 왔다갔다거리면서 은근히 나를 깨운다.

아래의 사진은 마슈의 기상시간 7시전에 내가 나가려고 하는데 침대에서 민기적거리는 마슈를 찍은 사진.

e0056232_20413697.jpg
e0056232_20415838.jpg
e0056232_20421281.jpg
e0056232_20422617.jpg
e0056232_20423925.jpg
e0056232_20425314.jpg

↓下の写真は夕方家に帰った時に撮った写真
e0056232_20432394.jpg
e0056232_20443254.jpg

↑↓この頃、枕を噛んで振りながら遊ぶ時が多い。
e0056232_20445074.jpg
e0056232_2045296.jpg

↑私が枕を持って遊ばないでと叱ったら、不満のある顔をしている。
少ししないふりをしていて、私が他のことをしていたらまた枕を噛んで遊んでいる。まったく~!
[PR]
by dwsmile | 2005-10-07 20:58 | マシュー+ミル+アキ+玉三郎